ホールの担当のかたには

お客様の声を厨房に届けて下さるようにお願いしています

 

 

美味しかったとか

特に何が気に入ったとか

そういう言葉はシェフ達にとって励みになりますからね

 

 

いくら日々の仕事が

未来の町の風景づくりにつながっているとはいえ

なかなか実感できないのも事実ということもあり

ワクワクする働き方を続けてもらう

大事な仕組みになっています

 

 

その一方で

無茶な要求を突きつけたり

横柄な振る舞いをされる

問題のあるお客様の情報が耳に入って来ません

 

 

厨房の仕事は時間に追われることが多く

ホール担当の仲間は気を遣って報告や相談せずに

頑張って自分達で処理をしてくれていたようなのです

 

 

厨房の人は元気で

ホールの人は精神的に参ってしまっていては

お店としては長続きしないことは明白です

 

 

ここ最近

ようやくお客様が増えて来たその点だけを喜んで

肝心な部分を見落としてしまっていました

 

 

そこで

何か問題が起きた時に

その都度対応するのはもちろんですけど

そもそも問題が起きない

つまり自分達と波長の合うお客様に来てもらえるように

感謝してもらえこそすれ

怒られることのなかった

おひさまパン工房時代の仕事のやり方を

復習している次第です

 

 

好事魔多しであります

 

 

これはサンドイッチの中身を

ビジュアル化して説明したいと思い

「ちょっと描いてみて」

と軽いノリで仲間の子に頼んだら

午後の隙間時間にカキカキして

まさかまさかのこの出来映え

 

 

もっとみんなのことを知りませんとねー

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly