まだ薪窯はおろか建物も出来ていない最中に

おひさまでボクがやりたいことに共感してくれたり

自身の夢を実現するために

おひさまを活用したい仲間が集まってきてくれました

 

 

4月に華々しく開業したものの

思っていたほどうまくいかず

給料を下げさせてもらったり

勤務日数や時間を減らさせてもらったり

厳しい時間を過ごさせてしまいました

 

 

それでも付いて来てくれた仲間のために

「おひさま会」と称して親睦会を開きました

 

 

料理をつくろうと思えば用意できましたが

この日くらいはみんなにゆっくりしてもらおうと

JR廿日市駅前の四季彩酒膳 げんや

元谷さんにオードブルを頼みました

 

 

 

 

普段は仕事の話ばかりで

プライベートな話をする機会がなかっただけに

おいしい料理とお酒のおかげで

親睦が深まった気がします

 

 

それから経営者としては別の目的もありまして

以前から構想を温めている

週末限定BAR「おつきさま」の運営について

どうやったら実現できるのかを冷静に考えてみました

 

 

部屋の明るさとか

食べ物や飲物の提供方法に人員配置とか

いろんなことです

 

 

お酒も楽しめるベーカリーとしての認知度は低く

地酒や日本ワインを楽しまれるお客様は

せいぜい1日に1組ですから

BARを通じてまずはお酒があることを知ってもらいたいんですね

 

 

結論としては「できる」と

 

 

そして「やりたい」と

 

 

自分で言うのもなんですが

夜はさらに雰囲気が良くなるので

結婚式の二次会などのパーティー需要にも

応えられる気がしています

(丘の上まで来てもらうのは大変ですけど)

 

 

今後の「おひさま」と「おつきさま」にご期待下さい

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly