Return to site

薪窯増床工事3日目

しゃもじの端材を薪窯の燃料にしたり、
炭でお湯を沸かしてベーグルをつくったり、
残った灰を持ち帰ってもらったり、
無駄のないパンづくりをしてきました。
それは今回の増床工事にも当てはまって、
崩した耐火煉瓦も外枠の石も再利用しますし、
欠けた耐火煉瓦や耐火セメントのくずは、
煉瓦や石の隙間に詰めて安定させるのに使います。
トップの写真にあるように、
大きくて重たい石もたった数センチの石のかけらを
「ここ」
というポイントで支えると
びくともしなくなります。
さて今日は古くてもろくなった床の張り替えを無事に終えることが出来ました。
明日からは1つ50〜70キロの石を前面に積み上げます。
頑張れ、俺!
頑張れ、腰!
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly