第二回目の薪窯パン教室を開催し

クリスマスシュトレンを作ってもらいました

 

 

第一回目のときに薪割りとか

窯入れとか

非日常的なことに興味を持ってもらえたので

そこはしっかりと今回も体験していただき

楽しんでもらいました

 

 

他にもミキサーが生地を捏ねている様子や

おひさま特製の酵母にも興味を持って下さったので

そちらもご覧頂きました

 

 

全て作り終えた後

宮島の時の話に始まって

ここ廿日市に来てからの話もしていたら

いつの間にか予定の時間を

30分も過ぎてしまっていました

 

 

この4月に開業して以来

こんなに長くお客様と話をする機会はありませんでした

 

 

おひさまパン工房時代だったら

手を動かしんさいと

奥さんから確実にしばかれていたでしょうね

 

 

でも教室ですから

それがお客様や自分にとっても

いいことにつながります(はず)

 

 

帰り際

「お顔が優しくなりましたよね」と

生徒さんから声をかけられました

 

 

どんだけ余裕なく仕事をしてきたのかと

反省しつつ

また太ってきたのかなと

心配になりながら

教室を終えたのでありました

 

 

さて

おひさまとして小麦の栽培を始めたので

そういうことに関心を寄せてもらおうと

麦わら帽子をモチーフにしたパンを焼いてみました

 

 

 

 

小麦はパンとしてだけでなく

ドライフラワーの材料になったり

編めば麦わら帽子にもなったりする

利用価値の高い作物です

 

 

それに地域の子供達や大人達と

栽培

収穫

調理

まで楽しめたら

もうそれは単なる作物とは言えなくなるかもしれません

 

 

中身はブリオッシュとホワイトチョコです

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly