来年の1月に発行予定の
町家通り通信の記事を書くため
塔の岡茶屋の松岡さんにインタビューしたとき
「誓真さんの功績」について
話を聞かせてもらいました
 
 
 
 
詳細は次号の町家通り通信に譲るとして
修行僧の誓真さんが
宮島で杓子産業を興し
宮島や周辺地域経済を豊かにしてくれたんだそうですね
 
 
ぜひ覚えてください
 
 
産業という意味では
杓子を作る時に出る端材を燃料にして
パンを薪窯で焼かせてもらっているので
おひさまパン工房もその一部であり
最新業態と言えるかもしれません
 
 
 
 
地域経済を豊かにしてくれたのが
誓真さんなら
ボクの心を豊かにしてくれたのは
パン屋で撮影会をしてお世話になった
写真家の古田麗先生です
 
 
 
 
撮影会で二度ほどお世話になっただけなのに
宮島までわざわざやって来て
年末の挨拶とお土産を持たせてくれました
 
 
すげー
 
 
それから以前宮島で働いていた女の子が
再び宮島で働くことになって
珈琲やお茶を持って訪ねてきてくれました
 
 
 
 
まだ若いのに
おじさんの人生はますます豊かになりました
 
 
でもしてもらってばかりではいけないので
瀬戸内シュトレンを届けたり
特別なクグロフを焼いては
ご挨拶に伺わせていただいております
 
 
 
 
きちんとお会いしてご挨拶することの大切さを
学ばせていただいている
今日この頃です
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly