お店から見て遠い車線のかたから

「お店がわかりにくい」声を

9か月もの間ずっと放置していたので

雪で暇だったこともあり

こういうのを作ってみました

 

 

 

 

おひさまパン工房が

宮島からどこへ行ってしまったのか

そんな声にも応えた形でもあります

 

 

 

 

1旗に2文字を書いた小さいタイプは

「廿日の市」などの

マルシェに出店する時のためのものです

 

 

こだわるべきはパンであり

お客様への真摯な応対だろうということで

あんまり深く考えずに

誰もが馴染みのある名前にした方が

いいんじゃないかと思っています

 

 

ところで今日

嬉しいことがありました

 

 

昨年12月のカンパーニュ教室に

参加してくれた初対面同士の3名

一人は広島県廿日市

二人は山口県岩国から来てくれたのですが

その後仲良しになって

2月のベーグル教室に

再び3名で参加して下さる予約をいただきました

 

 

教室を通じて製パン理論とか製パン技術を

たくさん話すよりも

お客様同士の交流が深まる

お手伝いをすることが結果として

お店のためにもなることがよくわかりました

 

 

明日は初めてのフレンチトースト教室です

 

 

みなさん

楽しい時間を過ごしましょう

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly