Return to site

森と海をつなぐパン屋

先週末は

おひさまパン工房の夢で語っているように

森と海をつないできました

 

 

まず土曜日は

「広島市中央卸売市場まつり」にて

同級生が勤めている広島魚商協同組合さんからの依頼で

フリッターにして

 

特製マヨネーズソースと一緒に

 

ヴィエノワのバンズで

クロダイバーガーを作らせてもらいました

 

 

 

 

宮島での経験からいって

近くのお客様に支えられてパン屋は成り立つので

廿日市以外のイベントには

出ないことに決めているんですが

地産地製にまじめに取り組んでいることを

知ってもらえる機会になると思って

引き受けさせていただきました

 

 

広島の人にはクロダイよりもチヌと言った方が

通じると思います

 

 

実はこの魚

牡蠣や穴子と並んで

「広島湾七大海の幸」の1つになっています

 

 

 

 

スーパーやレストランに

あんまり並んでないのが

漁業関係者の悩みの種だそうですけど

上品でとても美味しい魚なので

みなさんにもいつかパン屋で

振る舞えたらなと思います

 

 

それから日曜日は

広島市役所の

経済観光局の

農林水産部の

農林整備課さんからの依頼で

「湯来・薪フェスタ」へ

 

 

 

 

パンを販売するというよりも

薪窯の燃料になる乾燥した木の安定確保と

薪窯でパンを焼いていることを

知ってもらう機会にしたかったのであります

 

 

建築資材の端材が少ない時期は

山で生木を拾ってくるのですが

水分が多くて煙突にとって良くないのが

悩みどころ

 

 

近くで乾燥した薪を確保できれば

もっとのびのびと燃やせるんですけどねー

 

 

 

 

薪に関する機械や道具が

数多く展示してあったけど

これは高くて買えない

 

 

 

 

重たい斧を使わないで済みそうだけど

太い木は難しそう

 

 

いまだにお客様から聞かれますが

おひさまパン工房は薪を燃やして

薪窯でパンを焼いています

 

 

知っとった?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly