お店がうまくいっているかどうかを

知るための「ものさし」として

一度ご来店下さったかたが

 

再訪してもらえているかどうかは

けっこう気にしています

 

 

パンがどれだけ売れたのか

お客様がどれだけ来て下さったのか

数字としてそういうのは確かに大事なのだけど

メディアに取り上げてもらって

偶然にそして突発的に上がる場合もあるし

最近は雑貨の売上も無視できなくなってきているしで

数字が大きければいいというもんじゃないわけであります

 

 

やっぱりその中身が大事で

さらに言うと

これから先も安定して成長できそうかどうかの

指標になる部分を見逃さないようにしているのです

 

 

昨日こんなことがありました

 

 

おひさまパン工房を取材して下さったことのある

元芸人のかたが家族で来てくれて

「場所は変わってもいい雰囲気が変わらない」と

おっしゃってくれました

 

 

そのたったひと言で

やっていることは間違っていないと自信になるし

灼熱の工房で

また明日から頑張れるのです

 

 

 

 

廿日市の浅原にある「畑楽ファーム」の部屋さんから

苺が届きました

 

 

それを苺の形が残るくらいに

浅く煮たジャムをつくってみました

 

 

 

 

3月度頒布会の1品にすると同時に

明日22日からは店頭でも販売開始しますね

 

 

ちなみにこの瓶は

なめこ瓶(ちゃんとそういう名前があるんです)といいます

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly