近くにパン屋さんができて嬉しいという人はいても

家の真下にパン屋ができて嬉しいという人は

あんまりいないんじゃないかと思います

 

 

宮島のときは

3階建てのビルの

1階に店をオープンしたのですけど

上の階はもちろんご家族が住んでいらっしゃいました

 

 

最初の数ヶ月は「オーバーナイト」と言って

パン生地を冷蔵庫に入れて

一晩ゆっくり発酵させる方法を知らなかったので

午前0時頃に起きてパンを一から作り始めていました

 

 

タイマーやミキサーの音は

静まりかえった島内では相当うるさかったはずで

それでも上の階の児玉さん家族は

一度だって注意しに来られませんでした

 

 

それどころか逆にいつもパンを買いに来てくれたし

パンクした自転車をこっそり直してくれたり

(部品を島の外まで買いに行ってくれた!)

お裾分けしてくれたり

神様仏様のような人って本当にいるんだと思ったものです

 

 

島を離れることになった時

涙を流して下さいましたしね

 

 

そんな児玉さんご家族が今日

ふらりと訪ねて来てくれて

嬉しくて涙がちょちょギレそうになりました

 

 

会いたい人がいるだけで

人生には生きる意味があると思うし

そのために大勢のかたと関わることには

価値があるとボクは信じます

 

 

いやー宮島の神様

ハッピーサプライズをありがとうございます

 

 

さてさて

サンドイッチを試行錯誤中です

 

 

 

 

普通につくると家でつくるような味になるので

専門書を開いてみては

あーでもないこーでもないを繰り替えてします

 

 

最近はベッカライ徳多朗の

徳永久美子さんの本に掲載されていた

コルニッションやエストラゴンを利かせた

タマゴサンドにはまっています

 

 

ハムはもちろんグリュックスシュバインさん

チーズは三良坂フロマージュさんです

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly