Return to site

ブログは正直に書こう

つい先日まで

薪窯の煙突がつまり気味で

煙が工房内に逆流して

マスクが半日で

真っ黒になっていました

 

 

しばらくは燃えやすい

薄い板を

燃えやすいように

逆を言えば

薪窯の負担にならないように

3枚づつくらい

燃焼室に放り込むを

繰り返して

その場をしのいで来ましたが

パンを作っている時間と同じくらい

薪を焼べていて非効率だし

さすがに健康被害も心配で

臨時休業して

煙突掃除をしてもらいました

 

 

あいにくの台風による強風の中

永本建設さんにお願いして

煤や灰をかき出し

機能的な煙突に一部差し替えてもらったおかげで

びっくりするくらい

抜けがよくなりました

 

 

しかしこの臨時休業

サラリーマン時代は

ボクが1日休んだところで

給料はいただけるけれど

経営者になると

たかが1日されど1日で

懐がとても痛みます

 

 

SNS全盛期に

ブログにこういう

生々しいことを書くと

明るいニュースを求めるお客様からは

敬遠されるらしいのだけど

今日

三重県から帰省されたお客様に言わせると

「良いことも悪いことも書くのがいい」らしいので

まいっかと思ったりします

 

 

そういう暗い話と対極にあるのが

この新聞や雑誌の切り抜きで作った

脅迫状のような看板

 

 

 

 

オープン時間を前後1時間長くしたことで

少しお客様が増えました

 

 

と言っても

今日は9時台に誰もお客様が来られなかったので

ホームページに

今日も臨時休業になってるんじゃないか

確認してみたり

玄関に休業の看板を立ててないか

心配で見に行ったりしました

 

 

食パンとコッペパンとうたうことで

地元誌の食パン特集やコッペパン特集に

それぞれ取り上げてもらえたり

薪窯パンの店と書いたことで

あれだけ売れなかったカンパーニュとかも

売れ始めたので

看板の力ってすごいと素直に思います

 

 

本当はもっといろんなことを書きたいけれど

それで前は失敗したので

「せめてこれだけは言わせてちょうだい」と

我慢する今日この頃です

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly