Return to site

空気読めなくてすいません

NHKの方に初めて取材してもらったのは

開業直後の6年前

 

 

20分くらいのドキュメンタリーに

仕上げて下さったのですが

1週間つきっきりで

お互いに倒れそうでした

 

 

 

 

当時は経験が足りなくて

効率の良いパンづくりを知らなかったから

仕事を終えると家で夕飯を食べて

ひとっ風呂浴びたら

パン屋に戻って寝泊まりし

昼は仮眠しながら

悲壮感たっぷりに

パンを焼いていた様子が放送され

会う人会う人に

しばらく同情されたものです

 

 

 

 

ところでこのたび6年振りに

NHKの別の方に取材してもらいまして

これまでの振り返りと

これからのことを聞かれるにつれ

いろんな問題を思い出し

やっぱり悲壮感たっぷりになってしまいました

 

 

 

 

思い描いていた通りのこともあれば

そうでなかったことも多々あり

あの頃と比べてはるかに

健康的な生活を送っているわりには

「悩んでいます」を連発

 

 

宮島の未来に

パン屋あるいは個人としての

景気の良い言葉を

本当は引き出したかったんじゃないかと

思うのですけど

嘘はつけないわけで

 

 

 

 

お金を出しても買えない

他人の親切とか

日々のふれあいとか

信頼できる仲間ができたとか

もう本当に大満足

 

 

それに素人が始めたパン屋なのに

ここまで順調に行くとは

思ってもいませんでした

 

 

でもねー...あとは放送を

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly