Return to site

日本人より日本人

薪窯の部品をフランスのメーカーに発注したら

何週間もほったらかしにされて

一時期フランスのことが嫌いになりました

 

 

奇跡的に

板長のリエさんの妹さんの旦那さんがフランス人で

ボクとメーカーの間を取り持ってくれたおかげで

今年の4月の開店に無事に間に合い

フランスのことがまた好きになりました

 

 

それがこのフマ美里さんとロマリクさんです

 

 

 

 

恩人に薪窯へのサインをお願いしたところ

こんな奇麗なものにサインできないと

日本人より日本人らしい奥ゆかしさに

もっとフランスが好きになりました

 

 

フマ美里さんは農業女子で

春から夏にかけて

ミディトマトやズッキーニで大変お世話になりました

 

 

来年も楽しみです

 

 

それにしても振り返ってみると

ボクは人生の節目で良い人達とばかり出逢っています

 

 

恵まれ過ぎているくらいです

 

 

だからいつかきっと

ここは町の風景になるに違いないです

 

 

わかんないけど

 

 

でも思わないと何も始まらないので

まず思うことから始めます

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly