Return to site

おひさまパン工房は言葉でできている

おひさまパン工房は言葉でできている

 

 

お昼過ぎ

小さなお子さんをだっこしたお母さんが

お店に来てくれました

 

 

「この子が歩けるようになったのでやっと来れました」と

嬉しそうに話してくれました

 

 

ずっと来てみたかったそうなんですが

お子さんが小さすぎると

なかなか出かけられないんですね

 

 

おひさまパン工房は

 

来てもらえたことよりも

そういう話を他人であり

初対面であるお店のボク達にしてくれる

そのことを嬉しいと思うようなパン屋です

 

 

それからパン教室をすると

半数くらいのかたが

教室でつくった生地を家に持ち帰って

自分ひとりの力で焼いたパンの写真とメッセージを

メールしてくれます

 

 

 

 

つい先日も参加者のかたから

ベーグルを家でつくって家族に食べてもらったら

「とても美味しい」と喜んでくれたという

メールをくれました

 

 

 

 

おひさまパン工房は

参加者のかたが

 

上手にベーグルをつくれるようになったことよりも

そんなメールを送ってくれた

そのことを喜ぶようなパン屋です

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly