Return to site

算盤とヨーグルト酵母

ヨーグルト酵母を培養するのに

なかなかうまく行かずふと

そろばん三級の試験を思い出しました

 

 

当時のそろばん塾の先生は

「三級はなんべんも落ちが方がいい」と

なかなか合格しないボクに

応援とも呆れとも取れる

声かけをしてくれていたっけ

 

 

でもそれは本当で

三級って鬼門で

ここをあっさり通っちゃうよりも

何べんも落ちた人の方が

その後の試験の合格率が

嘘みたいに高いんよね

 

 

しかしいったいいくら

試験代かかったんだろう

 

 

 

 

残ったヨーグルト酵母を

新しく仕込んだヨーグルトに混ぜて

40℃くらいの薪窯の前に一晩置いておくと

あら不思議

翌日にはきちんと発酵して使える生酵母に

 

 

使えるか使えないかは

1つは気泡が観察できることと

もう1つは遠目から見て

ヨーグルトが凝固して下に沈殿して

透明な上澄液に分離していること

 

 

気泡が少なくても

底の方にガスが溜まっていることが多いので

分離していていれば

ダメもとでシェイクしてみるといいかも

 

 

 

 

ということで

ライ麦パンは全部

ヨーグルト酵母とライ麦サワー種で

生地を作るように

レシピを変えました

 

 

 

 

次はブリオッシュ生地を酒種に変えたいので

米麹から初めて酵母を仕込みました

 

 

カンパーニュ生地はりんご

ヴィエノワ生地は有機レーズン

食パンは楽健寺と夢は膨らみます

 

 

 

 

そうそう

バラ酵母が安定していて

五月いっぱいは

このカンパーニュを焼き続けられると思います

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly