Return to site

おひさまパン工房とは −5−

こう見えて瀬戸内ジュエリーです

 

 

以前はひねって馬蹄型に成形していましたが

こっちの方が水分を抱き込んで

柔らかい部分が増えますし

具材をたくさん入れても焦げにくいので

最近はもっぱらこの形で焼いています

 

 

 

 

甘みの強いマスカットレーズンも入れるようになったので

日本酒とか白ワインと合うと思います

 

 

今日の宮島起業講座は

お店の場所ではなく

住む場所について

お話を進めたいと思います

 

 

パン屋みたいに朝が早くて

宮島に住む必要がない人でも

どちらかと言えば

暮らしながらお店をした方が

有形無形の恩恵が受けられます

 

 

住めば町内会に入ったり

祭りの手伝いを通じて

島の色んな方々と知り合います

 

 

子供さんがいらっしゃれば

学校を通じてさらに付き合いの幅が広がります

 

 

業種によってはもちろん

その方々が直接のお客様には

なってくれないかもしれませんが

お客様を紹介してくれる

有り難い存在にはなってもらえます

 

 

おひさまパン工房のある大和町や

隣接する魚の棚町には

合わせて30世帯くらいありますが

毎週のように来て下さるお客様は

せいぜい3世帯前後です

 

 

でも有り難いことに

ご本人が来られなくても

家族や友人知人を紹介して下さいます

 

 

それもずーーーっと

 

 

宮島に新規出店されると

メディアにたくさん取り上げてもらえますが

最初だけです

 

 

しかもこんなに情報が溢れている時代ですから

すぐに忘れ去られてしまいます

 

 

そういう意味で

通いよりも

暮らした方がいいと

ボクは思うんですよねー

 

 

前置きが長くなりましたが

今日の本題に入ります

 

 

「神の島なのに宮島って人が住めるんですか?」

なんていう素朴な質問は

決して少なくありません

 

 

島そのものが御神体だろうが

場所さえ見つかれば

ちゃんと移住できます

 

 

住むための物件としては

・空き家

・寮

・公営住宅

があります

 

 

空き家については

お店を探す時と同様

交渉を粘り強く

繰り返して行く必要があります

 

 

旅館やホテルには

寮が大抵ありますので

住み込みで働いてみたい方には

おすすめです

 

 

宮島の公営住宅については

・網之浦コーポ

・長浜コーポ

・西連コーポ

・金岡コーポⅠ

・金岡コーポⅡ

・ひの木住宅

・網之浦住宅

・高葦コーポ

・輝ハイツ

など結構あり

市に問い合わせれば

募集時期や募集人数などを

教えてもらえます

 

 

たとえばボクは最初

杉之浦の高葦コーポに住んでいましたが

朝早く出勤するため

車のエンジン音を

静かーな時間帯に響かせるのが

すごく申し訳なくて

たまたま空きが出た

学校近くの長浜コーポへ引越をしました

 

 

ここは学校までが徒歩1分で

桟橋にもアクセスしやすく

とても便利です

 

 

それにオーシャンビューどころか

入居してから知りましたが

夏は管絃祭や水中花火大会が

ベランダから見られます

 

 

住んでいる皆さんは

とっても良い人たちばかり

 

 

家賃は収入によって決まるなど

おおよそ非の打ちどころがないため

ボクのときもそうでしたが

いつも抽選になるそうです

 

 

宮島全体で

今どのくらい空き部屋があるかは

正確にはわかりませんが

杉之浦方面の物件であれば

いくつかは空いているはずです

 

 

その際には車があった方が便利だと思います

 

 

明日は宮島の暮らしについて

より具体的にお話ししますね

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly