先日は修道大学の山川先生に招かれ

町づくりを

それぞれの場所で

それぞれの立場で

頑張っているかたがたの集まりに

お邪魔させてもらって来ました

 

 

 

 

宮島でパン屋を始めた頃は

買い物とか食事とかで

困っているかたが少なくなくて

パンを通じて役に立つ

そんな充実感があったものです

 

 

廿日市に移転してみると

人口が比べものにならないくらい多いし

人の顔もコミュニティーも見えづらいし

一体誰のために

何のために

パンを焼いているか

わからなくなっている自分がいました

 

 

この日は都市部でも

商いと町づくりを両立させているかたがたが

隣にも向かいにも

すぐ近くにたくさんいて

何も行動していない自分が

恥ずかしくなりました

 

 

と同時に

やれる理由がたくさん見つかって

気持ちが晴れ晴れとしています

 

 

自分が暮らす町くらい

自分が暮らしやすいように

作ろーぜ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly