パン焼き小屋って聞いたことありますか

 

 

生地を捏ねて成形したものを

土地のパン焼き小屋(薪窯)に持ち込んで

焼いてもらうところを言います

 

 

南米の高地なんかだと

気圧が低くて温度が上がりにくいから

肉料理もしてもらえるそう

 

 

おひさまパン工房には

まだそんな人は現れていませんが

木を持ち込んでくれる人は多いです

 

 

 

 

今の時期は木取りをされることが多いという

轆轤工房さんからいただく独特な形の端材

 

 

 

 

すぐ裏の工芸所からは

大きくて長い端材が

 

 

まさに木焼き小屋

 

 

この歳になってくると

一回にン十袋も奥の倉庫に収める作業は

心底疲れます(五十肩だし)

 

 

 

 

それに八朔ブレッドを焼いたり

ここのところ増えて来ている

ベーグルの仕込みが重なると

その日はヘロヘロになります

 

 

でも神様っているんですね

 

 

 

 

和かふぇはやしやさんにパンを納品したら

こないだ差し上げた試作のお礼にと

お茶をプレゼントしてくれました

 

 

 

 

倉橋島の榎酒造さんに頼んでおいた

お酒と酒粕が届いて

しかも酒粕は注文数以上のおまけが

 

 

今度テレビの取材があるから

酒コーンをしっかり宣伝して

お返ししないとね

 

 

余談ですがこの生酛のラベルは

おひさまパン工房のロゴをデザインして下さった方と同じ

ヤマモトテルミ姐さんです

 

 

 

 

縁って本当に不思議です

 

 

今日も大変な1日でしたが

たくさんいいことがありました

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly