Return to site

漁民の森づくりリポート

秋晴れの中

廿日市の栗栖にて

漁民の森づくりが開催されました

 

 

会場にはボクもいつか作ってみたい

ツリーハウスがあります

 

 

 

 

まず植樹からスタート

 

 

 

 

ただ穴を掘って植えれば

はい

お仕舞いではなく

根元をしっかりと踏み固める必要があります

 

 

 

 

土をふかふかにしたままだと

根っこが乾燥して

枯れてしまうそうです

 

 

 

 

今日は植林だけでしたが

もっと大事なのは育林

 

 

草の方が成長が早いので

苗木に被さって

枯れさせる原因になるため

ある程度大きくなるまでは

定期的に下草を刈る必要があります

 

 

 

 

木が成長したらしたらで

地面に太陽の光が届くように間伐しないと

(要するに木を伐採して使う)

下草が育たず

地面がひ弱になり

この夏の西日本豪雨で

あちこちで土石流が発生したことは

記憶に新しいと思います

 

 

植樹の後は

その伐採の見学

 

 

 

 

最初に神事を行います

 

 

 

 

倒す方向を確認しながら

前後左右と切れ目を入れていきます

 

 

 

 

木の幹にはワイヤーを張って

安全には万全を期してありました

 

 

 

 

大成功

 

 

 

 

倒した木はヒノキだったので

そこらじゅうで高級なお風呂場の

匂いがしました

 

 

今回は一人で参加して

うろちょろしていたからなのか

ラスクに使わせてもらっている

宮島かきの醤油を作っておられる

佐伯醤油の社長さんや

先週30年ぶりに再会したばかりの

峠水産(牡蠣)の峠さんにも

こんな森の中で会えて

ラスクのことも牡蠣のこともなんかきっと

うまく行くんじゃないかと

勝手に思った次第です

 

 

今日はパンの話はなしです

 

 

ごめんね

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly