Return to site

懐の深い柑橘ピール

大崎上島のふれあい工房さんから
7種類の柑橘ピールが届きました
 
 
今日はそのうちの3種類
檸檬と伊予柑と文旦を鍋でコトコト煮込んで
柔らかく戻して
貴醸酒で香り付けしました
 
 
 
 
まずこれが檸檬で
ピール1キロに対して水を40%
つまり400g用意して
火にかけます
 
 
水分が無くなってもまだ固いようだったら
差し水をして調整します
 
 
丁度良い固さになったら
火を止めて貴醸酒を適量回しかけて完成です
 
 
 
 
赤みが強いのが伊予柑です
 
 
 
 
分厚い割に意外と柔らかく仕上がるのが文旦です
 
 
柑橘だけを何種類も使う「瀬戸内ジュエリー」では
柑橘そのものが主役ですが
チーズやチョコと合わせると
お互いに引き立て合って
名脇役となり
懐の深さを感じさせてくれる瀬戸内の材料です
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly