Return to site

神ってる廿日市

お店をボクの都合で

早くに閉店してしまったせいで

シュトレンを店頭受け取り予定にされていた

お客様にご迷惑をおかけしてしまいました

 

 

一軒一軒お電話して

お詫びと拝送のお願いをすると

廿日市の方なんて

その日のうちに宮島まで渡って

受け取りに来て下さったり

別の方は

お届けに上がると

ねぎらいの言葉を

たくさんかけて下さいました

 

 

先々週だったかな

市役所の方と

けん玉商店街のお店で飲みながら

小麦づくりの相談をしていたら

顔見知りの先生や市の職員さんが

流れ込んで来て思わぬ再会を果たせました

 

 

初対面の店主の方とは

廿日市の農家さんとの

安定したお取り引き方法の構築について

一致団結して取り組む話もできました

 

 

そして先週の話

楽しみにしていた修道大学での講演会を

聴講しにいった時には

やっぱり市職員の方々と再会して

地域を盛り上げたい学生さんや

指導される先生の皆さんと

大勢引き合わせてくれました

 

 

今日は雇用ルールの勉強で

廿日市商工会議所へ伺ったら

講師の社会保険労務士の先生は

ボクと同級生の弟さんとの知り合い

かつ新しいお店の大家さんとお取り引きがあり

あっという間に

先生と生徒の垣根が取れました

 

 

主催の廿日市商工会議所の顔見知りの方も

気さくに声をかけてくれて

ますます安心

 

 

まだあります

 

 

新しく仲間になってくれる

板前の方の妹さんの旦那さんがフランス人で

メーカーとの交渉を全て引き受けてくれたおかげで

何週間もずっと滞っていた

フランス式薪窯の部品を

輸入できるようになりました

 

 

ジャンルが和食ということで

もし彼女のことを採用していなかったら

来春の開業は断言しますが

(断言してどーなるの)

あり得なかったと思います

 

 

こういうのを神ってるって言うんでしょうね

 

 

そしてラスト

 

 

その妹さんは山口県で農業をされており

今回の新しいお店のお取引先として

一番最初にお声がけさせていただいた

廿日市の農業女子

前川農園さんと

輸入の件で相談した直後に偶然

お知り合いになられたと

教えて下さいました

 

 

宮島ではボクはよそ者で

誰にも相手にされなかった開業前

人の伝を頼って

パン屋を立ち上げることができたときと

状況がすごく似ていて

今回もきっとうまくいく気がします

 

 

ただ宮島のときと違うのは

探したり

会いに行ったりせずとも

目に見えない引力のように

良い人たちと引き合っているところ

 

 

廿日市ってそういうところなのかな

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly