Return to site

薪窯増床工事まとめ

5年後にまたつくり直すこともあるかと思い
作業のコツをまとめてみます
 
 
  1. 耐火煉瓦を水に漬けておく大型の容器があれば良かった(耐火セメントが付かない)
  2. 耐火セメントは少量ずつ使う(作業が遅いと固まって使えなくなる)
  3. 新品の耐火煉瓦は必要最小限に注文する(再利用がきく)
  4. 軽石で始めから型をつくれば良かった(蓄熱・断熱材として再利用)
  5. 見栄え重視なら天然石ではなくブロック(寸法も正確)
 
 
こういう準備をきちんとしていたら
時間にして2日は短縮できただろうし
コストも1割は削減できたはず
 
 
 
 
鹿は頑張っても字が読めるようにはなりませんが
人間は学習できますからね
 
 
さて3回目はあるのかな
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly