Return to site

パンの神様は見ているぞ

お店が暇な時のことを

児童文学書「ネコのタクシー」に出てくる

ガランガラン高原と

おひさまパン工房では言います

 

 

今日は本当にガランガラン高原

 

 

昨日と比べてあまりにも寒かったせいなのか

お昼過ぎまでほとんど誰も来なくて

パンを焼き終えてから1時間以上

薪割りをしました

 

 

掃除機を分解して洗って

発酵機も隅々まで掃除して

それでも時間がたっぷりあったので

壊れていた庭の鉢をワイヤーで

縛って直したり

こういう日しかできないことを

延々としました

 

 

 

 

するとこんな殊勝なおじさんの姿を

パンの神様が見てくれていたのか

今日も良いお客様が来てくれました

 

 

レジアプリの調子が悪くて

会計が出来ないでいると

「こうやったらいいかもー」と若いかたが

親切に教えてくれて無事解決

 

 

瀬戸もみじ豚やひろしまハーブ鶏をお願いしている

菊貞の菊崎さんなんて

取り寄せをお願いしておいて

昨日引き取りに行けなかったボクのために

品物を届けて下さいました

 

 

「美味しいパンを食べたかっんです」とだけ言い残して

颯爽と帰って行かれました

 

 

大人の商売人だ

 

 

小さな女の子たちは

「美味しそうー」を連呼しながら

パンを買っていってくれました

 

 

発酵機の掃除でびしょ濡れになった

パン屋のおじさんは

ニヤニヤしながら

ちゃんと聞いておりました

 

 

そして

メールやFacebookページのメッセージを開けば

頒布会やパン教室のお礼がたくさん届いていて

お客様とお互いに感謝しあえる仕事って

本当に創れることを実感しています

 

 

ところで最近

永本建設さんがウッドデッキに照明を設置されました

 

 

 

 

もちろんLEDです

 

 

店内の手すりや窓枠のアイアンと

とてもフィットしています

 

 

 

 

 

 

もう少し温かくなったら

草花が色づいてきますので

テラス席をぜひご利用下さいね

 

 

ワンちゃんと一緒に食事をされてもOKです

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly