Return to site

上平良の荒木農園

ハツカイッチの世界

廿日市の食材で作るサンドイッチを

ハツカイッチと勝手に呼んでいます

 

 

農産物は主に

地御前の「JA産直ふれあい市場」で購入しています

 

 

理由は3つあります

 

 

まず1つめは商品のラベルに

地名と生産者名が記載されてあって

誰が作っているか明確で

安心感があるからです

 

 

2つめは

ほとんどが露地栽培されたものなので

「この時期だけ」という季節感があるし

一番美味しい旬のものを

仕入れられるからです

 

 

スーパーなんかだと

基本の野菜は一年中あるけれど

ふれあい市場の場合は

棚からなくなれば

旬が過ぎたということなので

わかりやすいです

 

 

3つめは

初めて見る珍しい野菜が意外とたくさん

売られていて

菊芋とか

ツタンカーメンとか

わさび菜とか

あと間引き菜(人参・大根・その他)なんかもあって

重宝しています

 

 

最近ふと気がつくと

ハツカイッチに挟むスナップエンドウとか

ベシャメルソースのほうれん草とか

荒木さん率が高くて

それならばと場長さんに紹介してもらって

畑を訪ねてきました

 

 

 

 

畑はパン屋から車で10分たらずのところあって

山陽自動車道の真下にありました

 

 

 

 

今はナスの準備で忙しい荒木さんでしたが

コーヒーをご馳走してくれるわ

ちょっと離れた場所にある

別の畑までも案内してくれたり

「食べる分だけ抜いていきんさい」と

人参のお土産まで

 

 

 

 

良い土だからふかふかなのか

ふかふかだから良い土なのかは

素人にはわかりませんが

指で軽くつまんで抜けるほどでした

 

 

 

 

そら豆

小松菜

玉ねぎ

人参

スナップエンドウ

絹さや

とうもろこし

かぼちゃ

ミニトマト

あるわあるわ

 

 

 

 

荒木さん率が高くなるのも納得です

 

 

そして高速道路そばにあろうと

民家があろうと

猿にたぬきにイノシシも出るので

ネットや電気柵は必須です

 

 

 

 

宮島にいた頃

鹿が多く生息していて

作物どころか

低い背丈の花さえも咲いていなかったっけ

 

 

そもそも

島自体が御神体だったから

神様を傷つける行為にあたる開墾は

一部地域を除いてだめでしたね

 

 

 

 

これは発芽したばかりの小松菜で

1週間ごとにずらして播種し

定期的に継続して出荷できるようにしているそうです

 

 

ただ作ればいいってもんじゃないです

 

 

さてスナップエンドウは

鶏肉や豚肉のコンフィと合わせます

 

 

 

 

肉の塩っ気と

スナップエンドウの甘みが

互いに引き立て合います

 

 

人参は廿日市「千日酢」さんの酢と

キャラウェイシードと合わせてラペにして

お出ししています

 

 

 

 

あと人参は酵母を種継ぎするときにも

材料としてすりおろして使っています

 

 

 

 

荒木さんありがとうございました

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly