Return to site

社長すごいわー

こんど仲間になってくれる

埼玉から来る女の子は

なんと小麦栽培をしたことがあるんです

 

 

面接のとき

その小麦や小麦粉をプレゼントしてくれて

びっくりしました

 

 

そして今日

「役に立つかも」と11ページにわたる

小麦栽培レポートを送ってきてくれました

 

 

商業的にやろうとすると

めんどくさいことがいっぱいあるんだけど

おひさまの目の前にある保育園の園児と一緒に

「麦踏み」とか「収穫」

そして「ピザ(パン)づくり」できたらいいよね

 

 

なんせ廿日市には畑がうなってますから

さて今日は

パン職人であり

石工であり

左官職人だった日

 

 

今朝は燃焼室の中に

アシス(グラを乗せる台)の台座となる

耐火煉瓦を耐火セメントや耐火モルタルを

(耐火うるさいなー)

塗り塗りしながら積み上げていきました

 

 

 

 

そしてわかる人にわかると昨日書いた

薪窯の下の溝は煙道で

永本社長のアイデア

 

 

下火の温度が均一化してほしいのと

パンが焼ける温度の長時間化が狙いなのですが

やってみて効果があったら真似してみて下さい

 

 

 

 

桜島の溶岩をかためたプレートを敷き詰め

パンの底に余計な跡が残らないよう

サンダーで表面をならす社長

 

 

何よりもパンのことを考えなくてはいけない

パン職人のくせして

このときすでに疲労困憊だったので

次の作業に移ろうとしておりました

 

 

ほんますごいわー社長

 

 

 

 

鉄の扉を取り付けてみたら

6ミリほどの厚みが気になったので

石工職人として

桜島溶岩プレートをサンダーで1時間かけて

削りまくってこの通りばっちし

 

 

明日からはいよいよ屋根をつくっていきます

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly