名称未設定のデザイン (43).png

おひさま弁当

人気のサンドイッチ2種類が、一度に楽しめる夢のサンドイッチ!

おひさまパン工房「牡蠣」

金のカツサンド

幻の広島の豚・瀬戸もみじ豚のフィレとロースを使って作るカツサンドを1切れずつ入れました。

おひさまパン工房「お好みソース」

銀のたまごサンド

広島の鶏のたまごを使って作る京風たまご焼きのカツと粗く刻んだたまごサラダのサンドイッチです。

​それぞれ1切れずつ、詰め合わせました。

おひさまパン工房「卵」

自家製パン粉

10日間仕込みの、薪窯で焼くおひさまパンで、ロース用の白いパン粉とフィレ用の茶色いパン粉の2種類を作っています。カツにまぶしたら揚げずにノンフライで仕上げています。だからヘルシー!

おひさま弁当物語​

この「おひさま弁当」も形になるまで紆余曲折がありました。

そもそもサンドイッチにしても、フルーツサンドにしても、1パックに4切れずつ入っているように、二人以上で​食べてもらうことを想定して作っています。

しかし平日はおひとりのお客様が比較的多く、「半分の量だったらいいのにねえ」とのお声を少なからずいただいていました。

しかしただ単にサイズダウンすると、大勢で楽しんでもらえるお店のコンセプトにかかわる決断になるため、それはなかなかできませんでした。

そんなある日、金も銀も両方食べたいお客様がいらっしゃって、金だけを半分とか、銀だけを半分とかではないので、平日限定ならいいかといいとこどりでセット商品を作ったんですね。

するとサラリーマン風の男性かただけでなく、女性も買って下さるようになりました。

ただ、土日にも作るのはずっとためらっていました。

でも常連のお客様からの要望で販売してみることになりました。

心配していいたことは何も起こらず、金がほしい方は金を、銀が欲しい方は銀を、といった具合に買い分けて下さいました。

家族で来られた方は、お弁当を2パックとか買って下さることが多く、取り分けなくて済むところを気に入っていただけたんじゃないかと思います。

結局のところ、新しい商品はお客様が決めるようなところがあるんですね。

​商品を新しく作るときは必ず、おひさま弁当のことを思い出すようにしています。

お惣菜も美味しい菊貞さんのホームページはこちら

▶︎肉の菊貞