• 直 野村

スコーンのレシピ 管理方法


レシピはGoogleのSpreadsheetという表計算アプリで管理しています。


MicrosoftのExcelとほぼ同じ機能で、無料で使い勝手が良いところが気に入っています。


小麦粉の重量を100として、それに対する各材料の割合を%で表します。


いわゆるベーカーズパーセントというやつです。


スコーンの種類ごとに製造数を打ち込むと、それぞれのフレーバーや具材

の量が計算されると同時に、ベースになる生地の合計欄には、生クリームが何キロ、バターが何キロ、とばばばーっと計算結果が表示されます。


計算式や条件を考えたりするのは大変ですが、あとが楽ちん。





例えば「ロイヤルミルクティー」だったら、〇個と打ち込むとアールグレイが〇g、ホワイトチョコが〇g、生地が〇g、アイシング用の粉糖〇g、水〇g、ミルクティー〇gと表示されます。


一番下には、全種類合わせた生地の総合計と材料ごとの重量が、計算されてあります。


今、26種類ほど作っていて、1種類につきアイシングまで含めると3~5種類は何らかの材料をつかっています。


これからさらにセイボリースコーンを作ると、まあまあの計算が必要になり、とても電卓をたたいてやってる場合じゃなくなりますから、本当に助かっています。


レシピ本とかからスマホに計算式を入れておくと便利ですよ。


#表計算 #スコーン



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示