• 直 野村

スコーンを焼くようになったきっかけ

観葉植物をお店にたくさん置くようになってよかったのは、新緑に気がつくようになったことです。


いつも「水は足りているか」「病気になっていないか」と目を皿のようにして観察しているせいで、出かけた時に街路樹や足元の草でさえ、「おっ、出てる」と淡い緑色に目がいくようになりました。


タイマーをセットし忘れるとか、卵を割りながら中身の方を捨てるとか、もっと大事なことに気が向くようになればなあ、と思わなくもない今日この頃です。



スコーンを焼くようになったきっかけは、「窯の熱がもったいない」の気持ちからでした。


あと、薪代も(笑)。


もらえる薪がいっぱいあるときはいいのですが、ない時はないのでお金を払って買うわけで、そうするとまるで札束を燃やしているような気分になります。


だから窯に熱が残っていると、とことん使い切ってやろうと。



食パンを焼くときの温度は大体、250℃よりちょっと高いくらいです。


窯の中の場所によって結構差があるから、平均したらそのくらいです。


砂糖が控えめで、水分が多く、型にも入っているので、それくらいの温度が必要になります。


一方でスコーンは、糖分が比較的多くて、水分が少なくて、型にも入っていないので、250℃とかで焼くとすぐに焦げてしまいます。


つまり、食パンを焼き終えて温度が下がった「もったいない」温度帯が実は、スコーンを焼くのに適しているんですね。


それでスコーンを焼くようになりました。



薪窯は炎で温め終わった後は、温度はひたすら下がり続けます。


それを緩やかにするために、たくさんの耐火煉瓦や赤土に厚みを持たせて、蓄熱量を増やして温度を下がりにくくする工夫をしています。


朝2時間火入れしたくらいでも、翌朝は200℃くらいあります。


スコーンを焼かずに何を焼くのかって感じです。



広島県の集中豪雨災害を経験してから、間伐材をもっと使って森を健康にせんとなあ、とか今でこそ思うようになりましたが、きっかけは貧乏性だったということです。


#スコーン #薪窯 #間伐材 #薪


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示