top of page

初心者向けだけど達成感もあり!広島の薪香るスコーン店が伝授するおやつになるメロンパンスコーンのレシピとアレンジのコツ


梅雨入りし、雨で家にいる時間が長くなった今、おうちカフェ時間を充実させたいと思いませんか。


でも作るのに時間がかかりすぎるのは、ちょっと考えものです。


そんなとき、スコーンだったら失敗が少なくて簡単ですし、材料も洗い物も少なくて短い時間で作ることができますよ。


今日は数あるレシピの中から、広島の薪香るスコーン店で人気商品のメロンパンスコーンをご紹介いたします。



メロンパンスコーンを選んだ理由


このスコーンを選んだのは、ただ美味しいだけでなく、作れるようになるとちょっと嬉しくなるからです。


僕がパン屋になる前、メロンパンは1つの生地で作ると思っていたんですが、実はパン生地の上に独特な模様をつけるクッキー生地を被せてから焼くんです。


東京にある日本パン技術研究所で学んでいたときにそれを知って、ひっくり返りそうになりました。


周りはドンクの社内トレーナーや、アンデルセンの店長さんなど、錚々たるメンバーでしたので、「ノムさん、そんなんで本当にパン屋を始めるん?」といつもからかわれていました。


でも、パン生地を丸めて、平く伸ばしたクッキー生地をその上に被せて、手のひらでくるくる回して一体化した時の感動に比べれば、恥ずかしさなんてどうでもよかったです。


生地をこねて型で抜くだけだと簡単すぎて、自分で作った感に欠けます。


それよりもメロンパンスコーンの方が、達成感があります。


今日はぜひ覚えてみてくださいね。



90分で焼きから洗い物も済んでしまうメロンパンスコーンのレシピ


⚫️スコーン生地(8こ分)

 粉もん

 薄力粉・・・200g(あれば強力粉120g+薄力粉80g)

 砂糖(またはグラニュー糖)・・・50g

 ベーキングパウダー・・・5g

 バター・・・50g


 粉もん以外

 全卵・・・24g

 生クリーム脂肪分40%(牛乳でもOK)・・・76g



⚫️メロン皮生地(8こ分)

 粉もん

 薄力粉・・・70g

 アーモンドパウダー・・・14g

 粉糖・・・35g

 バター・・・21g

 

 粉もん以外

 全卵・・・21g



⚫️化粧用(8こ分)

 グラニュー糖・・・適量



⚫️道具

 ボウル 2つ

 スクレーパー 1つ

 ラップ

 トレー 2つ



 *はじめに机全体にラップを敷くと拭き掃除をしなくて済み、時短になります。

  1. 計量した「スコーン生地」の粉もん類をボウルに入れ、スクレーパで切るようにバターと粉もんと合わせます。手のひらの中で擦り合わせても良いです。バターの塊がなくなったら終了です。

  2. 1と溶いた全卵と生クリームをよく混ぜ合わせます。粉っけがなくなったら終了です。3、4cmの厚みにまとめてラップして冷蔵庫に入れて冷やします。

  3. 続いて「メロン皮生地」の粉もん類をボウルに入れ、1のような感じでバターの塊が無くなったら終了です。

  4. 3と溶いた全卵を混ぜ合わせ、粉っけが無くなったら終了です。

  5. 4を3cmくらいの棒状に伸ばして、20gずつ8個に切り分けます。

  6. 5を丸めてお皿かトレーニ載せて冷蔵庫で冷やします。

  7. 2のスコーン生地をスクレーパーを使って40gずつ切り分けます。

  8. 7を丸めます。

  9. 冷蔵庫から6を取り出し、親指の付け根あたりで押さえて直径5cmくらいの円形に延ばします。

  10. 9で作った円盤上のメロン皮生地をスクレーパーを使って机からはがし、8のスコーン生地にかぶせ、それを手のひらに乗せて両手でくるくる回して、しっかりと結着させます。

  11. スクレーパーを使って9の表面に1cm感覚で3本線を描き、45度づらして同じく3本線を描いてメロンパンらしい模様をつけます。

  12. グラニュー糖の入った容器に、11で作った模様のある側を押し付けてグラニュー糖をつけます。

  13. 12を15分くらい冷蔵庫で冷やしてから、185℃のオーブンで18分焼きます。



焼き上がったメロンパンスコーン
メロンパンスコーン


メロンパンのアレンジメニュー


1個分のスコーン生地とメロン皮生地に、1.5gずつ「ほうじ茶」を混ぜるとほうじ茶メロンパンができます。


「ほうじ茶」を「抹茶」や「紅茶」に変えてみてもいいですよ。


アフタヌーンティーで楽しむほうじ茶メロンパンスコーン
ほうじ茶メロンパンスコーン


夏らしい美味しい食べ方


作ったスコーンは、そのまま食べても美味しいですが、間に甘いものを挟むとさらにリッチな味わいになります。


例えば今は夏に向かっているので、アイスクリームはいかがでしょうか。


メロンパンスコーンを横に半分にカットして、そこへお好きなアイスクリームをサンドするだけです。




メロンパンスコーンを作る時のコツ


このメロンパンスコーンに限らず、スコーン作りには押さえておくべきコツがあります。


まず、レシピにも書いたように、「あまり混ぜ過ぎない」ことです。


混ぜすぎると小麦のグルテンが出てきて、あまり膨らまずに固い仕上がりになります。


次に要所要所で「冷やすこと」です。


スコーンはバターを多く含む配合のため、室温で溶けると膨らみが小さくなります。


これら2つを守るだけでも、仕上がりが全然違ってきます。


メロンパンスコーン特有のことで言うと、スコーン生地全体の2/3くらいはメロン皮生地で包むことです。


全部を包み込む必要はありません。


しかし1/2程度だと焼いているうちに膨らみのせいで傾いて、不恰好な形に焼き上がるので注意が必要です。


色々と失敗するかもしれませんが、反省を次に活かせれば、3回目でもう上手になると思います。


パン学校でからかわれていた僕ですら、3回目からはコツを掴みましたから。




今日のまとめ


今日は、達成感の得られるメロンパンスコーンのレシピついてご紹介しました


覚えておいてほしいことは3つです。


①スコーン作りにはコツがある

②メロンパンスコーンはアレンジできる

③3回焼くと上手くなる


市販の材料を買うと3回分を焼くくらいの量はあるので、使い切るつもりでどんどんチャレンジしてみてくださいね、


応援しています。



⚫︎【6月限定】薪香るスコーンバラエティBOX便


 ほうじ茶メロンパン入りです。




書いている人






ノムさん


おひさまパン工房の店主

     ↓




広島生まれ、広島育ち。


小学校から始めたサッカーは大学まで続けていました。


今は歳で体が動かないので、植物を育てることが一番の趣味です。


天井をドライフラワーだらけにしたり、玄関先で葡萄を育てているのも、その延長です。


音楽は坂本龍一のようなジャンルを定義できないようなアーティストの作品を聴くのが好きです。


2010年に宮島で創業し、2017年からは現在の場所でスコーンや食パンを薪窯で焼いています。

閲覧数:112回0件のコメント
bottom of page