• 直 野村

スコーンの作り方 焼き芋編

焼き芋と黒胡麻の薪窯スコーンに使うサツマイモは、ちゃんと薪窯で焼いています。


サツマイモを水で軽く洗って湿らせたら、アルミホイルで窯に入れます。


このとき、アルミホイルで覆われていない部分、つまり隙間ができると焦げたり、カチカチに硬くなる原因になるので、しっかり包みます。


僕の場合は、パンを焼くときの天板を下に何枚か重ねてから窯入れしています。


やっぱりねー、下手っぴーなので焦がすんよ。



だいたい1時間半から2時間焼きます。


窯からいい匂いがしてきて(ありえないくらいいい匂いが工房中に溢れます)、触ってみて柔らかくなっていたらオーケー。


フルーツサンド用には、アルミホイルをすぐに外して粗熱をとります。


アルミホイルをしたままだといつまで経っても熱いままです。


アルミホイルの保温力は侮れませんから。


薪窯スコーン用には一旦、冷凍します。


翌日、冷蔵庫で半解凍すると皮がいい感じで身にくっついて、写真のように映えます。


焼き芋ってスコーン生地と色が似ているから、剥がれるとなんのこっちゃってなるんですよね。


それから芋自体に硬さが残ってスコーン生地と混ぜた時に崩れにくくなる効果があるので、おすすめです。



今は焼き芋専門店もあるし、一年中美味しいサツマイモが手に入るようになっているので、よかったら作ってみてくださいね。


オーブンで作る時には上下を何十分に一度、ひっくり返しながら焼くと綺麗に焼けますよ。


#スコーン #薪窯 #焼き芋 #サツマイモ 







閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示