top of page

3000曲書くまでは



最近、感銘を受けた言葉は毎日届くメルマガの一説で、こんな感じ。


「ヒット数や打率は相手あってのことでコントロールできないけれど、打席数はできるからどんどんやろう」


この仕事を続けていると、失敗したくない気持ちがだんだん強くなります。


昔うまくいったことをずっと続けたくなります。


でもお客様も変わるし、社会もずっと変化し続けているので、いつの間にか取り残されてしまいます。


そうならないために、チャレンジする回数を意識して増やさないといけません。


さて1か月くらい前から、ロンドンバスのBOXにお菓子を詰めた商品を販売しています。





でも全然売れません。


あーでもない、こーでもない、と一週間ごとに内容や値段を変えています。





箱がかわいいからたくさん売れるぞと買った箱は、倉庫に山積みです。


過去の痛い経験から学んで決めた「何事も小さく始めるルール」を破ると、大抵こんな結果になります。


以前だったら箱の在庫の山を見て、ため息ばかりついていたことでしょう。


でも冒頭のメルマガや、「3000曲書いたらヒットが出るよ」と若手にアドバイスした秋元康氏の話を聞いて、失敗を失敗と感じなくなりました。





それに「ヒットしなかった曲なんて世間は覚えていない」とも仰っておられました。


ネットにしてもテレビにしても、本当によくもまあこんなにニュースがあると思います。


今朝、興味があってクリックして読んだ記事すら、内容を全然覚えていません。


だから、廿日市にある菓子屋で商品が改良されたことなんて、誰も気にしないと思います(自分と一緒にするな?)。


今週からスコーンとビスケットの組み合わせに、セットの内容を変えてみました。





まだ5回くらいの改良なので、3000回まであと2995回頑張るつもりでやり切ります。


最後まで読んで下さってありがとうございました。




書いている人




ノムさん

広島生まれの広島育ち。

ルンビニ幼稚園、五日市町立南小中学校、広島県立廿日市高等学校卒。

趣味はサッカー番組を見ることと、ガーデニング。


LINEでOHISAMAと友達になる


みんなの趣味の園芸~OHISAMAのページ



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page