top of page

OHISAMA柑橘倶楽部~レモン編


広島県はレモンの一大産地です。


特に呉市のとびしま海道や、尾道市のしまなみ海道で結ばれる島々は、寒くなると黄色いレモンが鈴なりで圧巻です。


広島に冬に来られたら、一度訪れてみるといいですよ。



さて、ふつうは島で育つレモンをOHISAMAがある廿日市の丘で育てて一年ちょっと。


去年は葉っぱが少し増えたくらいで、花はおろか背丈もほとんど変わらず、何か別の植物を買ってしまったのかと思ったくらいです。


それが2週間くらい前からつぼみがあちこちに出てきて、今週になって開花しました。





レモンの苗は全部で4つ買いました。


日当たりが一番いい苗には、50個以上のつぼみがついています。


逆に日当たりのよくない1本は、2個くらいしかつぼみがありません。


太陽の光って本当に大事なんですね。





レモンは肥料を大量に必要とする果樹です。


鉢植えで育てているため、土の中の栄養は限られています。


植物の三大栄養素、窒素・リン酸・カリをバランスよく与えなくてはいけません。


ただ、結実させたり、太らせたりするためにはカリが大事みたいで、与える時期や量には細心の注意がいるとも。





うまく実がなったらレモネードを作って、Brew Tea Co.のイングリッシュブレックファーストで淹れた紅茶と合わせてレモネードティーを楽しみたいです。


レモンドリズルケーキも作れます。


スコーンも。


夢が広がりますねー。


収穫は早くて12月か1月に入ってからなので、あと8か月くらいでしょうか。


頑張ります。



今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。



書いている人




ノムさん

広島生まれの広島育ち。

ルンビニ幼稚園、五日市町立南小中学校、広島県立廿日市高等学校卒。

趣味はサッカー番組を見ることと、ガーデニング。


LINEでOHISAMAと友達になる


みんなの趣味の園芸~OHISAMAのページ



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page